審判講習会、組手交流戦

投稿日時:2023/11/26(日) 21:09
今日は葛飾区水元総合スポーツセンターにて、審判講習会と組手交流戦を行いました。

地元開催という事もあり、組手試合には30名、審判講習には10名以上の金町道場生が協力してくれました。

試合には初めて出場した生徒もいましたが、トーナメント戦ではなくなるべく実力の近い同士と戦い、今日は一人3~4試合行いました。

負けてしまった子もいましたが、勝ち負けにこだわらず、試合経験を積む事を目的とした交流戦ですので、みんな良い経験になったと思います。

審判講習会でも、初めて審判を経験した道場生も多くいました。

私達IBKO極真では小学6年生から組手審判に興味がある道場生は参加出来る様にしています。

「審判は何の為にやるのか?」の中島代表の質問がありましたが、選手や後輩達の為です。

審判をやる事で、自分が組手をした時に審判目線で考えられるという事もあります。

大会を開催した時、自分という選手一人だけだは試合も出来ませんし大会も実現しません。

勘違いをされている人もたまにいらっしゃいますが、大会には多くの人の協力があって実現しています。

選手がいて、審判がいて、運営を手伝っているスタッフがいて、準備や片付けをしてくれる人がいて、空手を教えてくれる指導者がいて、出場料を出してくれる親がいます。

審判講習会は、そんな真剣に頑張っている選手の為に公平かつ安全に試合を裁けるように審判の育成を行なっております。

今日の2時間余りでとても審判の技術が向上しました。

これからも選手の為に、また自分の為に協力をお願いします。

試合に出場した選手の皆さんもお疲れ様でした。

最後は選手のみんなにお菓子がプレゼントされました。

ジャンケン大会で大きなお菓子の争奪戦もあって、試合に勝った子もそうでない子も真顔になって喜んでくれました。

審判講習会に参加したくれた人にも、先生からコアラのマーチをプレゼントしました。

喜んでくれたかな。

試合をした選手の皆さん、審判講習会に参加された道場生の皆さん、協力してくれた先生方、送り迎えをしてくれた保護者の皆様、本日はありがとうございました。

また、ぜひ参加してください。





葛飾区空手道場 水元空手道場 金町空手 金町道場 極真空手 IBKO

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

アーカイブ

指導員ブログ

<< 2024年2月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29