大事な基本

投稿日時:2022/11/21(月) 23:59
今年春~秋に入会したばかりのフレッシュ道場生達。

特に幼年~小学生低学年の子の達の技術が向上してきました。

「基本稽古」と呼ばれる空手の基本的な手技足技。幼年~大人のクラスまでほぼ毎回稽古の最初に行うものです。

大人が初めてやっても、中々すぐには覚える事は出来ません。

幼年や低学年の子にとってはとても難しいものとなります。

それがやり続ける事によって様になってきました。

本日のインスタグラムにも動画をアップしましたが、とても上手に出来ています。

基本というのは空手やどのスポーツでもとても大事で、これを初期段階でしっかりやっておくと、後に応用や体の使い方が上手く出来る様になります。

これをはしょって、試合に必要なものだけしか練習しないと、行き詰まった時に先に進めなくなります。

ただ息を上げるミットをして組手ばかりやり、下半身の強さ、基本的な受け、技の逃し方、力の入れ方抜き方、戦略など細かい基本的な稽古を避けてしまいがちです。

極真空手には基本稽古、移動稽古、型、組手と大きく分けて4つの稽古があります。

これを代々師範方や先輩方が私達に伝えて来ました。

まだまだですが、私はそれをやり続け、意味を知り、大会や実戦で活かせる事を体で体感しました。

だからこそ基本稽古、移動稽古、型の良さや意味を道場生に伝えています。

やり込んでいない人はこの意味を分かりません。

分からないからこそ教えません。

空手は女性でもシニアでも幼年でも楽しめるものです。

力や強さだけが空手ではありません。









 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

アーカイブ

指導員ブログ

<< 2023年2月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28