基本が全て

投稿日時:2022/06/20(月) 23:59
今日の稽古は、組手大会、型大会が控えており続きますので、重点的に行いました。

初中級クラスではミットを使った突きの技術と組手を多めに行いました。

また、型は試合の型を行い、細かい所を直していきました。

少年上級クラスの組手は、カウンターの取り方や、技がきた時に体を逃す練習を行いました。

大人クラスには、2年ぶりに道場に戻ってきてくれた道場生が参加してくれました。

今年に入り、子どもも大人も、しばらくお休みしていた道場生が稽古に復帰してくれる人が増えています。

本当に嬉しい事です。今日もとても嬉しかったです。

型は、型だけやっていてもそれ以上技術は上がりません。

組手は、組手だけやっていてもそれなりに強くはなりますが、呼吸を読んだカウンター技術や組手の「上手さ」というのが身につきません。

型は基本稽古や移動稽古の延長で、今日はまずそこから説明し、意識してもらいながら稽古をしたら驚くほど良くなりました。

組手も、色々なことを考えながら戦わなければいけません。

相手の心を読み、何を考えているのか、一瞬の隙に入れる心と体の瞬発力が必要です。



コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

アーカイブ

指導員ブログ

<< 2022年8月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31