叩かれる人ほど人のために

投稿日時:2020/07/02(木) 22:56
今日は梅雨の中休み。

湿度も低く、カラッとした天気でした。

5月の末から稽古が再開して、喜びもあり不安もありでした。

最近は、久し振りに稽古に来てくれる道場生と一緒に稽古することが楽しい毎日です。

以前、ある道場の先生からこんなことを言われたことがあります。

「自分が楽しまないと、道場生も楽しくないよ」。

だから一緒に汗を流し、一緒に動かないとついてきてくれません。

でも時々サボってしまう自分がいて、いけないと自分を戒めます。

道場では「自分以外のため」に行動できるように伝えています。

集団の中では「2・6・2」の法則があります。

以前も書きましたが、上の2割は動ける人、6割は普通の人、下の2割は動けない人。

自分が最初に仕事を始めた頃は、下の2割の人間でした。

仕事もやる気がなく、いかにさぼろうかと考えていました。

でも、そんな愚かな自分に優しく手を差し伸べてくれる大人や仲間がいました。

これが上の2割の人です。

下の2割は金町道場にはいません。

上の2割が少しでも増えていくように、伝えていきます。

矢面に立つ人は必ず叩かれるものです。

それでも何かのために行動していかなければなりません。





 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2020年8月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31