苦しいことはみんなで

投稿日時:2020/06/18(木) 23:59
「3~6歳ゆっくりクラス」に毎週参加している道場生。

一人になるのが寂しくて、いつも稽古の大半を更衣室で過ごしている子が今日は最初から最後まで自らの意思で稽古に参加しました。

大きな成長の一歩を踏み出しました。

やらせるのではなく、自らやるように働きかけるのが指導者の役目です。

「少年クラス」では、みんな稽古に意識をしっかり持って、特に立ち方が良くできていました。

子どもはみんな長けた能力を持っています。

いつも自分で自分を意識させ、、小さなことでもそこを褒め称えることでやる気を上げていきます。

「型クラス」は7月の大会に向けて、各自一つの型だけを行いました。

全員の意識の高さが今日の1時間足らずで大きく成長しました。

私達指導者は料理でいうとスパイスです。

少しばかり改善点と良いところを伝えてあげます。

素材もそれを料理するシェフも本人です。

だからそれぞれが同じ型をやっても個性のある味になります。

また、今日はそれを作る度に美味しい型を作り上げてくれました。

最後は「筋トレ」クラス。

20分という短い中で、腕も腹筋も背筋も足もパンパンになりました。

自分に負けまいと全力でやりました。

苦しいのだけれども、辛いのだけれどもみんなで励ましながらやると不思議と力が出るものです。

終わった後のみんなの表情は達成感に満ち溢れていました。

今日は本当に心がいっぱいです。





 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2020年7月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31