客観視

投稿日時:2020/03/18(水) 23:10
今、子ども達には時間が有り余っていると思います。



24時間が足りない、と言っていた子も今は暇を持て余しているのではないでしょうか?



忙しすぎる現代では、暇な時間というのも必要だと思います。



「考える」という時間は自分を見返す貴重なものです。



今日、子ども達にも伝えましたが、自分を客観視することが必要です。



自分のことを外から見えるようでなければ、人に教えることも出来ませんし、自分が強くなることも出来ません。



夜遅くに話をしていても、周りを気にせず大きな声で話をする大人もいます。



思春期の子どもで、わざと目立つためにやったり、迷惑をかけるためにやるのは別ですが、自分がどう見られているのか感じられるようにしたいものです。

こんな自分が昔にいました。

本日の幼年クラスでは、先輩道場生が多くきてくれましたので、最後の10分を二人一組になって技を教えてもらいました。



課題は一切与えません。



先輩が自ら考えて、この子にはどんなことを教えれば良いか、相手の気持ちになって教えてくれました。



先生は一切口を出しません。



個々に任せた以上、責任を持ってやってもらいました。



結果、本当に良く教えてくれました。



こんなにも教え方が上手なんだと感心しました。



教える自分を客観視出来るから。



コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2020年4月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30