昇段審査

投稿日時:2019/08/26(月) 23:24
秋の気配が感じられる今日この頃。最高気温が30℃を下回る日は8月は初めてではないでしょうか。

さて、昨日の強化稽古や花火大会の疲れも見せず、元気稽古に参加する道場生多くいました。そして、最近恒例の「夏休みの宿題が終わっていない人」調査では、まだまだ結構な子が手を挙げていまし。あと1週間、大丈夫なのだろうか…

先日行った昇級審査会の合格発表を8/31(土)の午前クラス終了後に行います。審査ですので、不合格の人も出てきます。個々に与えている課題を放置している人や稽古で一所懸命さを出していない人はその都度声をかけていますが、なかなか動かない子も見受けられます。新しい帯は自分で取りに行くものですよ。

9/29に坂本派の合同昇段審査会ご行われます。今回、私も師範より受審するようお言葉をいただきました。まだまだ昇段のレベルには達していないと思っておりますが、やれと言われれば押忍と答えるのみです。

昇級や昇段は自分で選ぶものではありません。先生や指導員から言われて受けるものです。私はまだ受審するレベルに達していないので、といかなる理由があっても次のチャンスがあるとは限らません。武道の道ではチャンスを逃すことは身を滅ぼすことと教わりました。

だからこそ昇段のレベルに少しでも近づけるよう努力をするのみです。

昇段審査会の日は40人連続組手を行う予定です。

そこまでの過程を大切に歩んでいきます。



コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2019年9月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30