人間形成

投稿日時:2019/06/03(月) 23:41
6月に入り最初の月曜日。幼年クラスには、運動会の振替で休みだった上級生がお手伝いに来てくれました。今春入会したばかりの子たちには、道場のイロハを教え、まずは道場を楽しんでくれるよう指導しています。

小学生クラスでは、型大会に向けて本番さながらに行いました。後半は、試合や空手以外でも使える「蹴られた時の対処法」を行いました。道場では、道場や大会等以外では空手の技を使わないよう指導しています。では、道場以外で攻撃をされた場合にただやられるだけではケガをしてしまいます。ですから、受けや捌きといった攻撃をしない対処法などを行います。

例えば、相手が自分の足を蹴ってきた時に足を上げてスネに当てさせます。この受けは、組手の時にも使う「スネ受け」という受けです。これは、受けた方より蹴った方が痛くなります。

先に相手が攻撃してきても、最終的に相手にダメージが大きくなればこちらが悪く言われてしまいます。

道場では、試合に勝つ為だけの指導は行いません。人間形成を主とし、社会においてどんな困難にも負けず、人に対し思いやりを持った人間に育って欲しいと願っております。

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2019年9月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30