武道とは

投稿日時:2019/04/29(月) 23:59
日曜日は栃木県で組手交流試合と合同稽古会、月曜日は大会が行われました。栃木県へは大型連休の初日となり、いつもの3倍の時間かかりました。連休中は道路も電車も飛行機もいっぱいです。この10連休での経済効果は2兆円とも3兆円とも言われています。あまり使いすぎないように気を付けて下さい。

本日の大会を見ていて、勝つ事だけに執着して反則をしたり、同感出来ない組手をしている試合も少なくありませんでした。昨日の栃木県でも残念な事がありました。

しっての通り極真空手は「武道」です。では武道とは何か?決まった定義はありません。1つの解説として「技を磨く稽古を通じて、己の人格を形成する」とあります。茶道、華道、書道、柔道、剣道、空手道。これらは全て日本古来のもので武道だと思います。勝ち負け、結果を追求するのではなく、そこに行くまでの過程で己を磨き、心や精神を鍛え上げると言うのが自分の武道精神です。色々な考えがありますので、肯定も否定もあるでしょうが、20年間空手をしてきた今でも自問自答する毎日です。

今日の大会で応援に入った際、「勝ちに行くな、空手をやれ」と言いました。試合で「勝ちに行くな」とはおかしな事を言っていますが、見ている人か共感する戦いをしてもらいたかったのです。勝っても褒められない戦いがあります。負けても見ている人を魅了し、拍手をしてくれる戦いがあります。

自己満足にならず、主観的に物事を見るのでは無く、客観的に物事を見て、遠くから自分を見れるようになって下さい。



【入賞者】第11回関東飛翔空手道選手権大会

準優勝     山本貫太     小5上級

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2019年5月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31