客観的に自分を見る

投稿日時:2019/03/04(月) 23:59
昨日、今日と冬に逆戻り。

日曜日は、本部道場に組手と型の強化稽古に参加してきました。金町道場の責任者となって4年半が経ちますが、道場では自分が指導される事はありません。指導する側に立つと発見や気づかされる事はありますが、他人から指摘される事がないので自分を見失いがちになります。

自分が一番正しいと思い、間違った事を言われると感情的になる事もあるでしょう。どちらかといえば、自分は人から指摘されたり、意見を言われたい方です。先にも書いたように、いくつになっても人間として向上したいと思っています。色々な人と会い、話し、色々な情報を得て、偏った意見にとらわれず、客観的に物事を見、判断して、見識を持った人間でありたいものです。

昨日も師範には色々な事を言って頂きました。空手というものを指導している以上、自分も空手をし勉強しなければ、人に教える事は出来ないと思っています。

自分の悪い所を気付けなかったり、認めなければ向上はありません。





 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2019年5月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31