型大会を終えて

投稿日時:2019/01/27(日) 23:59
1/27はIBKO型選抜大会が東京で行われました。初級~上級まで金町道場生24名か出場し、大勢の観客が見ている中で堂々と披露してくれました。

初めて出場する選手もいて、緊張がこちらまで伝わってきましたが、みんな間違える事なく最後までやり切りました。みんな本当に良く出来ました。

型というのは、組手と違い相手と直接戦う事もなく痛い事もありません。日頃の稽古の成果と努力がそのまま出るものです。普段道場の稽古で行なっている「基本稽古」「移動稽古」というのは、全て組手と型の為にあります。一切手を抜かずに全力で毎回やる事で、努力の積み重ねが審査や大会に発揮されます。100日の稽古を何となくやる人と、全力でやる人とでは100日後に差が出ます。単純で単調な基本的な動作が自分を強くしてくれます。

今大会には、自分も一般クラスとして出場しました。勝負の世界ですから、勝つつもりで挑みますが、空手の指導者となる者、ある程度は見せられなければ説得力が無いと思っています。勝つ事は出来ませんでしたが、見ている人が良い事も悪い事も感じてくれればそれで良いと思います。

どの世界の職人もこう言うでしょう。

「一生修行」だと。



【入賞者】

⚫︎個人戦

優勝       高松隼人        小5初級

優勝       和工田凌駕    小4男子上級

優勝       加古琴心        小4女子上級

優勝       矢口青空        中学生男子上級

準優勝   胡桃澤花音     小5初級

準優勝   佐藤秋哉         小1上級



⚫︎団体戦

優勝    「1位取るぞ!金町道場」 小学生低学年

メンバー(佐藤秋哉、和工田笑莉、加古翔稀)



全日本権利獲得

 ⚫︎個人

 多良間信公

 加古翔稀

 佐藤海璃

 佐藤龍仁

 加古眞仁

 藤崎茂樹

 和工田周伸

 米田連也

 田中亨



⚫︎団体戦

金町TTK

(佐藤海璃、山本貫太、武島哲平)小学高学年

勝利を目指せ!KTK

(多良間信公、只野虎太郎、加古琴心)小学高学年



コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2019年8月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31