新春合宿を終えて

投稿日時:2019/01/06(日) 23:59
1/5~6に金町道場の新春合宿を行いました。今回の合宿は、礼心会との合同合宿で合わせて54名が参加しました。

夏合宿は2泊3日で、新春合宿は1泊2日と初めて親元を離れて宿泊する子や1泊ならという人も参加しやすいようにしています。

比較的暖かい日の出発ですとなりましたが、テンションが高い子もいれば不安な子もいました。

バスの座席や班決めも数日悩み何度も書き直しました。特に各班の班長と副班長には責任を持ってもらいたいと決めました。どちらかというと普段はマイペースな子に副班長をお願いした班もありましたが、「副班長は大変ですよ」と最後に言ってきた子がいましたが、その言葉が聞けて良かったと思いました。「大変だった」と思う事で、それだけ動き仕事をしたという事。そして、人をまとめる大変さが分かったという事で、自分に反映し良い方に変わっていくでしょう。人間を成長させるのは集団の中での生活が一番だと思います。

合宿初日は、バイキングの昼食後に「20秒ー10秒」の筋トレサーキット。終わってすぐにミット打ちとシャドーでさらに息上げ。 1時間半を一気に追い込みました。

休憩を挟み、型を極める為の部分部分のコツを指導しました。型も組手も、一つ一つの基本的な動作が出来ていなければ、一連の動作は成り立ちません。

こうして初日の稽古は終了しました。

夕食後はクライミング(壁の突起物に手と足をかけながら登って行くスポーツ)。他の宿泊施設ではまず出来ないクライミングを経験出来る事は貴重です。最高は9mの高さまで自力で登りますが、小学2年の子もゴールまでたどり着いていました。登る人は、次の一手を考え、周りを見、落ちてしまわないように強い気持ちを持ち、ゴールまでたどり着くぞという執念と諦めない気持ち、体の使い方や力も使います。登る人の安全ロープを支える人も相手の気持ちになり仲間を支えサポートし、信頼関係が生まれます。登りきった達成感と自身は何ごとにも変えられないでしょう。

小さい子も必死になって登る姿を見ると、感動してしまいます。夜の1時間半があっという間でした。

こうして1日目は終わりました。

明日に続く…

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

<< 2019年1月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31