ブログ

次へ>>

2/28 ユーラシアオープン2016

2016/02/29(月) 15:18
昨日は、千葉県で「ユーラシアオープン2016」の大会が行われました。
この大会は、900名の選手が参加し、会場も規模も大きなものとなりました。

12名の金町道場生が出場し、3名が入賞しました。
緊張した人もいたと思いますが、まずは場数を経験し「場になれる」事が一番の経験となります。
試合で一番大切なことは、自分の思い通りに自分の力を全て出し切ることです。
勝負ですから「勝ち負け」にこだわることは大事です。
しかし、勝ち負けは結果論であり、試合は自分を発表する場です。
自分に足りないもの、上手く出来たことを反省し稽古につなげることです。

【入賞者】
優勝  小島三汰    小学5年 初中級
3位   和工田凌駕  小学1年 初中級
3位   宮井梨緒    中学生女子 重量級




自分は、2008年にこの大会の元となる「千葉県大会」に、この会場で試合をしました。
実は、この会場に良い思い出はありません。
この時の試合は、無差別級に出場し準決勝で事件は起こりました。
身長も体重も自分より一回り大きな相手で、延長戦までもつれ込みました。
試合終了もあと数十秒のところで相手の突きがアゴに・・・
そのまま頭を地面に打ち付け気を失ってしまいました。
意識が戻った時は、タンカで運ばれ会場の端に避難されている時でした。
そのまま救急車に運ばれ病院へ直行。
病院についても立つことは出来ず、ふらついたまま頭がガンガンしていました。
入院を強く勧められましたが、頑なに拒み半ば強引に会場へ戻りました。
吐き気とだるさに襲われ、そのまま一週間続きました。
この時は準優勝でしたが、その時のトロフィーは見えないところに置いてあります。

このように、試合で気を失ったのは過去に2度あります。
だからこそ皆さんには「顔面ガード」の重要さを教えることが出来ます。
ケガも経験から人に教えることが出来ます。

明日は大会です

2016/02/27(土) 21:09
今日の午前クラスは子どもから大人まで多くの道場生が汗を流しました。

明日は、千葉県ユーラシアオープンが行われます。
金町道場からは15名の選手が出場しますが、けがや体調不良のため5名が欠場となります。
今まで稽古してきたことを試合にぶつけてください。
試合ですから勝ち負けは大事ですが、勝ち負けだけを考えず、自分が持っている力をすべて出し切って最後まで諦めずに試合を終えることを目標としてください。
その先に「勝ち」か「負け」かがついてきます。

もう一つ、勝敗は自分で決めないでください。
「勝っていたのに・・・」「引き分けだと思った」
など、決めるのは審判です。

今回の大会では、試合が重なら無ければ全員のセコンドに入れます。
さあ、出場する選手は思い切り楽しんでください!

最近の病院

2016/02/26(金) 23:10
昨日の稽古は少ない人数でしたが、今日は賑やかでした。
今日は、学校などに爆弾を仕掛けたという予告があった見たいです。
おかげで6時間目がなく早く授業が終わったので、「幼年・少年初級」クラスはたくさん来てくれました。

しかし、迷惑な話ですね。
人に迷惑をかけることはしてはいけません。
迷惑をかけるなら自分だけにしてほしいものです。

きょう、江戸川区にある総合病院に行ってきました。
初診だったからか、診察を待っている間も案内の人がずっとついてくれて、レントゲンや採血の間もずっと待っていてくれました。
本当に親切な病院でした。



ケガや病気に気を付けましょう

2016/02/24(水) 22:40
ここ最近、インフルエンザなどの病気やケガが多くなっています。
特に稽古中のケガが多くなっています。
外傷的なものではなく、足をひねったり、関節を痛めたりといったことが良くあります。
どんな時でも気を抜かず、頭のてっぺんから足の指先まで常に神経をいきわたらせ、集中しながら稽古やトレーニングを行なってください。

以前にも書きましたが、自分はケガを沢山経験してきました。
いつどのようなときにけがをしやすいか、どのようなケガなのか良くない経験でわかってきました。
一番ケガをしやすい時は、「集中していない時」と「ふざけている時」です。
特に組手やミット稽古時は、自分だけではなく相手の事をケガさせてしまう事もあります。
この時だけは先生も怒ります。

大会も近いので出場する人は自己管理をしっかり行ってください。



火曜日の稽古

2016/02/23(火) 21:59
今日の「トレーニング」では、久しぶりに外に走りに行きました。
15分程でしたが、子どもたちはやはり外が大好きみたいですね。
寒くならない頃は、野外での50分間のトレーニングで、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
という事で今年からは1時間半に増やしました。
しかし、冬は寒くて暗いので道場内でのトレーニングを行なっていますが、ちょっと長く感じます。
正直長いですね。
早く暖かくなって、野外でのトレーニングが出来る様になればちょうどよい時間になると思います。

「少年ミット」は、下段から2段蹴りまで色々な蹴りのミット打ちを行ないました
人間は、自分の引き出しに沢山のものを入れておいた方が必ずどこかで役に立ちます。
不必要なものなどありません。
空手も、自分の引き出しにいろんな技を詰め込んで、いつでも出せる状態にして置くと良いですね。
どんな知識も、どんな技もいらないものはありません。



次へ>>
rss

ブログテーマ

<< 2016年2月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29