ブログ

次へ>>

我慢も強さの一つ

2020/09/18(金) 22:32
夏が戻ってきたような1日でした。

気温が上がったり、下がったりして体調を崩しやすい季節ですので、特に就寝中は油断しませんように。

幼稚園保育園や学校で、理不尽に人を蹴ったり殴ったりという子がいるという話を聞きました。

遊んでいる中でケンカに発展してしまったり、何かの言い合いの中でケンカになったりは子どもの世界ではよくある事です。どの時代も変わりません。

しかし、自分のストレス発散や人をからかったり意地悪をしたりする事はよろしいことではありません。

道場では、空手の攻撃技を出すことはしないよう指導しています。

特に自分から手を出すことはしないようキツく教えています。

しかし、理不尽に、さらには一方的手や足を出されてはただ黙っているわけにはいきません。

空手道場で指導をしている立場としては、空手の技を出すことはダメと言わざるを得ません。

そこで昨日から、蹴られた時の対処法、殴られた時の対処法を幼年クラス~少年クラスで行いました。

相手の骨を折るのではなく、相手の心を折ります。

この世で一番最強なのは戦わないこと。

戦わなければ負けることはありません。

勝っても後で大きな代償が待っています。

まずは争い事に巻き込まれないようにすることです。

とは言っても、こちらが手を出さないからと知ってしつこく攻撃をしてくる子もいるようです。

大きな声では言えませんが、今後のことを考えればこちらが強いということを一度教えるのが一番ですが…。





 

行動を起こす

2020/09/17(木) 23:59
今日、少年部の道場生が「一つだけ魔法を使えるとしたら何する?」という話をしていました。

「先生は魔法を使えるように願う」と言ったら、「それはダメ」と言われました。

大人のずるいところです。

周りの子ども達は何て答えるか興味を持ちました。

不老不死、お金が欲しいなど考えているかと思いきや、

「ずっと生きているのも嫌だ。地球の最後と一緒に終わりたくない」。

「どんな人生の終わり方したい?」

そんな会話が子ども達の間でありました。

子どもの頃は死ということにとてつもない恐怖を感じていました。

時々、考えるとしばらくの間抜け出せませんでした。

今を一所懸命に楽しく生きていれば、そんなことを忘れてしまいます。

もちろん、楽しいことばかりではなく、辛いことや嫌なこともあります。

そこを乗り越えて掴みに行くのは自分の努力です。

待っていても変えることは出来ません。

何を言ってもその場しのぎで、根本は変えられません。

何事も行動を起こすこと。

失敗してもいい。

間違っていてもいい。

出来なくてもいい。

やらないよりはよっぽど立派です。



強さとは

2020/09/16(水) 23:01
空手の精神的強さには二つあると思います。

「立ち向かう強さ」と「耐えて我慢する強さ」

どちらも必要です。

人間の精神論には、正反対のものが常に拮抗して存在しています。

優しさと厳しさ

話す時と聞く時

涙と笑い

働くことと休むこと

一つのことだけに執着すると、上手くいきません。





 

一緒に

2020/09/15(火) 22:56
秋らしい空気になってきました。

特に夜は風がとても心地良く、いつまでも吹かれていたい気分になります。

稽古が終わり帰宅してベランダに出ると、しばらく部屋に入りたくなくなります。

火曜日の「瞬発力・反応トレーニング」は大勢が参加してくれました。

このクラスは楽しくトレーニングをするクラスなので、みんなの笑顔が見れます。

本日は、ダッシュ10本、サーキットトレーニング、リレー、ドロケイと運動量はかなりのものですが、みんなで集まって行うので楽しかできてるのだと思います。

「組手」クラスでは、自分もスパーリングを行なっています。

子ども達と行う時は、力は抜いても手は抜きません。

相手の弱点を教え、技を出し、身をもって技を習得してもらいたいと思っています。

中学生や高校生が育っていない中で、自分が少しでも壁にならないとと思っています。

道場生と一緒に走ったり、スパーリングをしたり本当に楽しい時間でした。

辛さも、苦しさも、楽しさも一緒に共有するからみんな頑張れます。



想像力と観察力と洞察力

2020/09/14(月) 23:19
型、組手の全日本大会まで残り半月となりました。

選手の皆さんは試合モードに入っています。

着実に1日1日努力を積み重ねていってください。

最近は、道場内にクーラーが必要ない日が増えてきました。

これから涼しくなってきますので、稽古にも参加しやすくなりますね。

同時に雨の日も多くなってきますが、この時期は風邪など引かないように気をつけてください。

天気といえば予報ですが、子ども達にも先のことを読める子がいます。

良く周りを見て、人の行動や言葉にアンテナを張り、先を読んで行動します。

例えば、「ミット打ちやるよ」と自分が言うと、サッとタイマーの電源をつけて「先生、何分にしますか?」とか、「上段の蹴りをやるよ」と言えば、「このミットでやりますか?」など、人がやりたい事を読んで行動に移してくれます。

親切心や優しさもありますが、相手が何を言いたいのか、何をしたいのか、今はやって良いものか悪いものなのか想像力や洞察力を磨くことも教えています。

自分がやりたいことは主張し、やりたいようにやるのでは周りに迷惑を掛けてしまいますし、嫌われてしまうこともあります。

社会というのは集団の中で行動していかなければいけないもので、時には自分を押し殺して周りに合わせなければいけない事もあります。

空手は特に観察力と想像力と洞察力が必要です。

育てるコツは、全ての人を良く観察し、この先のどうなるのか興味を持って疑問を抱くことです。

小学生のアサガオの観察と同じです。



次へ>>
rss

ブログテーマ

<< 2020年9月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30