ブログ

次へ>>

今年ももうすぐ…

2018/11/17(土) 23:59
今年もあと1ヶ月半で終わりです。大会や審査会の他、イベントは沢山あり、日曜日は殆どが何かしらの行事があります。良く人から「休みが無くて大変ですね」と言われますが、金町道場も5年目に入りますが休みがないことが当たり前になってきました。子ども達や道場生と一緒でない事が寂しく思える程です。毎日道場に来てくれることが幸せで仕方ありません。子ども達には叱っている事も多々ありますが、本当にその子の事を思っているからこそと理解してくれると嬉しいのですが…一番楽な事は、叱らず、注意もせずただ淡々と指導をすることです。学校では、親がうるさいからと子どもに注意をしないようにしたり、面倒な子は相手にしなかったりするようです。一番楽な事ですが、子どもの為にはなりません。誰の為に?何の為に?と考えた時、自分の為ではなく子どもの為にしているかどうか…



スタート

2018/11/17(土) 00:42
幼年クラスでは、先輩が教えてくれる時間があります。最初はみんなで稽古を行い、レベルに合わせて分けて行います。先輩達が細かく教えて「先生、出来ました」と言ってきたら、確認します。しっかり出来ていたら「良く出来たね!」と言い、先輩には「ちゃんと教えられたね!ありがとう」と言います。

教えられる方も、教える方も喜びを得ることが出来ます。掃除や何かのお手伝いも、やる程に楽しみを見つけるんですね。

何か課題を与え、れそれをクリアした時の喜びを得るか、やる前から面倒だと思ってやらないかで半分半分に別れます。

大事なのは、スタートに立つか、立たないか。



相手の気持ちに立って

2018/11/15(木) 23:37
木曜日の稽古は比較的人数が少なく、稽古時間も短くしてあるので一つ二つの事を丁寧に教えています。幼年クラスでは楽しく元気良くなるべく笑顔で接しています。小さい子は集中力が長く続きません。時には冗談を言ったり空手の技をどう使うか笑いを取りながら見せたりします。こうすると、子どもは急にヤル気が出てきます。大きな声で力強く稽古をやるようになります。ただ、空手の技術を教えるだけならばそう難しくはありません。持っているものを教えれば良いのですから。それをどう相手に解るように伝えるかが一番大切な所です。やって見せて、言葉で伝えて、興味を持たせる事が出来なければいけません。

良く「子どもと同じ」と言われますが、子どもと同じ目線に立てなければ子ども気持ちなんて理解出来ません。大人の知識と経験を持ち、子ども心を知っていれば、教育は上手くいくのではないでしょうか。





 

弱い所を

2018/11/14(水) 23:55
今日、刑事さんが道場に来ました。といっても、別に悪い事をしたわけではありません。道場に防犯カメラがあるので見せて欲しいと。道場の入り口に防犯カメラを設置しているのですが、前の通りには防犯カメラがこの一台しかないので、近くで何か事件があると、よく刑事さんがきて見せて欲しいと言ってきます。「何かあったのですか?」と聞くと、12日に道場の近くの家でオレオレ詐欺があり犯人がお金を取りに来て渡してしまったそうです。額を聞くと500万円だと。こういった人を騙す詐欺の中でオレオレ詐欺は年間で200億円以上の被害があるそうです。

子どもも怒られないためにウソをつく事があります。賢い子ほど巧妙なウソをついたりしますが、空手の組手の中ではぜひ使ってほしいものです。話の印象が良くないように思えますが、人に嘘をついたり騙したりする事は絶対にしてはいけないと教えていますが、空手の組手の中では大いに騙しなさいとよく言います。組手は、ただ相手の技を我慢して受けたり、攻撃を出したりするだけでは勝てません。上級になればなるほど頭を使います。そして、相手との心の読み合いだったり心理戦だったりします。相手の気持ちを読み取り、構えや戦い方を瞬時に察知して戦わなければなりません。反応の瞬発力が大事となります。攻撃は相手の逆手を取ったり、フェイントをかけたりと「騙す」組手が出来ると有効です。

普段の生活からも、人の気持ちになって心を読み取る技術が必要だったり、コミュニケーションが組手に大いに役に立ちます。



組手特別稽古

2018/11/12(月) 23:59
今日の稽古は、幼年から少年まで多くの参加でした。特に幼年クラスは多く、上級生の先輩達が来てくれたので細かく分けて稽古を行いました。

毎週月曜日と水曜日の18:45~19:45に行なっている「少年上級」クラスの内容変更を来年の1月から考えています。



昨日の日曜日は「組手特別稽古」を行いました。他道場からも参加して30数名での稽古となりました。筋トレから数種類のミット打ちとかなり追い込みましたね。途中、和塾の杉本先生と礼心会の大橋先生の技術指導があり、みんな勉強になりました。組手は1分30秒×20セット行いました。今回の稽古は、結構疲れたのではないかと思います。どんな稽古でも手を抜いて不真面目にやれば意味はありません。全力を出して行うのが稽古です。力を全て出し尽くしたらその時はヘロヘロになりますが、数日後には強さが宿ります。手を抜いて疲れないように稽古をすればその時は楽ですが、後に何も残りません。





今日の稽古







11/11特別稽古

次へ>>
rss

ブログテーマ

<< 2018年11月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30