心の奥底で感じたもの

投稿日時:2021/06/06(日) 19:26
本日は日曜日の特別稽古を行いました。

午前の2時間半を「組手・ミット特別稽古」を、午後の2時間を「型特別稽古」と休みの中、子ども~大人まで集まりました。

組手・ミット稽古では初めて参加した幼年の子もも含め、大会に出場するしないに関わらずキツくも充実した稽古になった様です。

何故なら、稽古が終わった後は涙を流した子もいましたが、一人一人が爽快感一杯の表情をしていました。

2時間のお昼休憩を挟んで午後は型稽古。

時間が開くと、午前稽古の疲労が体全体を襲ってきます。

それでも午前も午後も両方参加した道場生も多くいましたね。

型は見るのも大事な稽古です。

特に幼年や初級の人は全日本チャンピオンクラスの型を見る事も中々ありませんから、充実した稽古になったはずです。

日曜日にも関わらず稽古に参加した道場生の皆さん、本当にお疲れ様でした。

稽古は誰のためにやるものではありません。

誰かにやらされるのでもありません。

嫌々やるものでもありません。

稽古が終わった後の充実感と達成感が人を成長させてくれます。

表面的なものは一時の満足、内面的なものは一生の宝となります。



コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

ブログテーマ

アーカイブ

指導員ブログ

<< 2021年7月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31