ブログ

手を抜く

2018/05/06(日) 09:50
5日は午後から稽古を行いました。通常は休みですが、休みだからこそ来れる人がいるんではないかと思いました結構来てくれました。

3・4日と久しぶりに連休を頂きましたが、やっぱり皆さんと道場にいる時が楽しいです。仕事も遊びも食事も、じぶんが楽しまないと相手も楽しくないですから。

この日の「少年選手」クラスでは、1週間後の組手大会に向けて稽古をしました。稽古を行う者には、手を抜く者と手を抜かない者の2つに別れます。どんなに厳しくしても手を抜かずやり抜く者、どんなに楽な事をやらせて絶対に手を抜く者。違いは、自分の為と思ってやっているか、人にやらされているかの違いでしょう。出来てるか出来てないかは誰が見ても分かります。自分で厳しいクラスに望んで来ている子や、審査や大会に出場すると決まった子で手を抜いている子には最初の方は注意をします。しかしその後はあえて何も言いません。全ては自分で望んで決めた事ですから、手を抜けば結果が出た時に自分で気づくはずです。社会に出れば結果は自分の努力にかかってきます。誰も助けてはくれません。手を抜いている者には。しかし、結果が出なくても一所懸命手を抜かず頑張っている人には誰かが手を差し伸べ力を貸してくれます。そこを教えるのも金町道場です。

今週土曜日に昇級審査会の合格発表会を行いますが、今回は不合格が何人かいます。子ども達には毎日言っています。審査の基準も、どうなったら不合格かも何度も言っています。テストですから落ちます。本来は出来るはずなのにやらなかった者は落ちます。

不合格になった人はそこから意識を変えて下さい。

そこを教えるのも道場です。



rss

ブログ最新記事

ブログテーマ

アーカイブ

ブログ

<< 2018年5月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31