ブログ

第1回東日本型大会

2018/04/02(月) 23:59
4/1に開催された「第1回東日本型大会」が無事終了いたしました。これも偏に出場した選手、準備やお手伝いをしてくださった保護者の皆様、道場生の皆さん、各道場の先生方、審判やスタッフをしてくださった道場関係者の皆様のおかげです。
この大会は金町道場を開設して初めてとなる主催大会となりました。この日の為に4ヶ月前から準備を進め、礼心会の大橋先生と力を合わせここまでやってきました。大会の会場での流れは長年の経験で分かってはいるものの、事務的な事はほとんど素人でしたので非常に苦労をしました。ですから人の何倍もの手間と時間がかかりました。しかし、この苦労が自分の知識として身についたことは財産でした。人生に無駄な事や不必要なことはありません。
出場選手は186名と団体戦が10チーム。100名来ればいいかなと思っていましたが、まさかここまで多くの方が参加されるなんて思ってもいませんでした。お陰様で駐車場や会場内ではご不便があったと思いますが、嬉しい悲鳴でした。
大会当日は、色々なことを想定しどんな事も臨機応変に動けるよう努めました。開場前から多くの人が会場の外に集まり、時間が経つにつれて道路には多くの人が列をなして体育館にやってきました。
会場となった葛飾橋病院体育館内は何百人という人で溢れ、待ちに待った大会が始まりました。急遽2日前に思いつきで決めた金町道場生と礼心会4人(年長1人、小学1年生3人)による選手宣誓を行ない、試合開始前には我が道場の75歳の道場生が特別演武を行ないました。演武が終わった瞬間、会場全体が拍手に包まれこれから始まる選手たちの励みとなったことでしょう。試合も一試合ごとに見ている観客や選手、スタッフから温かい拍手が送られていました。
大会進行も予想を上回るスムースさで流れ、各コート予選が終了しました。休憩をはさむ予定はありませんでしたが、団体戦の練習時間も与え、選手やスタッフ、審判の方にもリラックスしてもらおうと急遽入れました。
決勝戦を前に決勝進出者を一人一人発表して、みんなの前に出てもらえば盛り上がるだろうなとこれも急遽指示をしました。決勝戦は2コート同時で行う予定でしたが、会場の雰囲気を考え、全員に見てもらいたいと1コートづつ試合を行なう事にしました。こんな突然のことを色々と指示してしまったものですから、審判の先生たちにはにらまれたと思いますが・・・。
こうして大会も予定より早く終えることが出来ました。会場の片付けも選手や保護者の方が手伝って下さりました。前日の準備には夜9時過ぎまでお手伝いをし、大会当日は朝早くからスタッフや手伝い、大会終了後の片付けまで多くの保護者と道場生が手伝ってくださいました。審判や本部事務局の先生方や出場された道場の代表先生方も多くご来場されました。そしてこの会場を貸してくださり、何から何まで提供してくださった道場生がいます。こうした多くの方々に支えられ「第1回東日本型大会」を行なう事が出来、大盛況のうちに終えることが出来ました。
皆さん、本当に本当に感謝いたします。本当にありがとうございました。

◉大会の写真を金町道場Facebookに載せました。(200枚)保護者の方が撮って下さいました。出場したほとんどの選手の写真がありますので是非ご覧ください。

https://www.facebook.com/pg/kyokushin.kanamachi/photos/?tab=album&album_id=767963733389686

rss

ブログ最新記事

ブログテーマ

アーカイブ

ブログ

<< 2018年4月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30