ブログ

次へ>>

人への優しさ

2019/02/20(水) 23:59
月曜日、水曜日は道場に沢山の生徒が来てくれます。本当に嬉しい事です。参加者が多い事でデメリットもあるかもしれません。でも、多いと稽古が楽しくなります。これは指導する側にからも、生徒の立場としても自分は同感です。色々な人と一緒にやる事で、良い所や特徴を見る事が出来て勉強になります。ライバル心も芽生えて負けられない気持ちになります。

自分は、空手を始めた頃は人と付き合う事が苦手で、黙々と稽古をこなしてました。孤立感を持つ事で稽古に集中したかったんですね。でも、道場生から声をかけられるようになると仲間の優しさや大切さがわかるようになりました。どんなに頑張っても一人では強くなれません。上手くもなれません。自主トレをしていてレベルが上がっても、やはり仲間の存在は大きなものです。仲間がいるいるから負けられないと思い、仲間がいるから相手をしてくれるし、仲間がいるから辛稽古も一緒に頑張る事が出来ます。

今日の稽古でも、年下の後輩の帯が外れたら優しく結んであげ、技が出来なければ手取り足取り教えてあげ、並ぶ事が出来なければ声をかけて横についてくれた子がいます。人は、自分以外の人を助けたり、思いやってあげる事が出来ます。全てではありませんが、動物は危険を顧みず、自分の損得を考えずに自分以外に奉仕出来る生き物なのだなと思います。一人だったらそんな事も考えないし出来ません。

道場にはこんなドラマがいつもあります。



改善点

2019/02/18(月) 02:59
月曜日の稽古は、体力作り、組手の技、ミットを中心に行いました。「幼年・少年初中級」クラスには小さい子も多くいますので、体作りもしっかりと行います。

小学生クラスは、少し疲れるくらいに全身を鍛えました。ただキツイだけではやり甲斐もないので、楽しくキツくをモットーに行なっています。

少年上級は、参加者全員が大会に出場するので、組手の技を行いました。

昨日は大会でした。勝った負けたの中には多くの反省や収穫があるはずです。そこを見つけて自分の稽古に活かしていく事が向上と改善の秘訣です。私達指導者も、多くの試合を見ていて色々な勉強がありました。優勝した選手が参考になるかどうかは分かりません。早くに負けてしまった選手にも良い所があるものです。プロスポーツチームのスカウトマンではありませんが、多くの選手の良い所を見つけ、何が良いのか、何を改善すれば良いのか考え、それをどうしに持ち帰り新たな稽古に変えていきます。

選手も指導者も、常に双方努力が必要です。



大会を振り返って

2019/02/17(日) 23:59
2/17は、横浜国際プールで「ジャパンカップ」「ルーキーチャレンジ」か行われ、金町道場生8名が出場しました。全国から選手が集まるレベルの高い大会ですが、選手全員臆することなく戦ってくれました。

勝つか負けるかの勝負ですが、ただ勝てば良いということもなく、負けたら何もないということではありません。勝ち負けは一つの結果です。もちろん、勝つ為に稽古をし大会に挑むわけですが、そこまでの努力の過程であったり、当日の試合の中でドラマがあります。毎回道場生の出場する試合を見ると感動させられます。そこには必ず人の心を動かす力があります。一緒に稽古をしてきた者同士だからこそ思うところがあるものです。

人は誰でも失敗をするし転ぶものです。しかし、その後が大事なのです。

転んだら考える暇もなくすぐに立ち上がり進む。

失敗したら原因を掴み二度と同じ事を繰り返さないこと。

これが一番大切な事です。



【入賞者】

ルーキーズチャレンジ

優勝      小関優心       小学2年

準優勝   多良間信公    小学1年





 

土曜日

2019/02/16(土) 23:59
土曜日は、午前クラスが学校授業のため幼年中心となりました。小さい子は朝から元気が良かったです。

午後は、「壮年・シニア・女性」クラスも楽しく稽古を行いました。このクラスも子どもな負けない程いつも元気です。

「型」クラスは、型が好きな人が集まります。大会を目指さなくても、型か一つしか出来なくても、型が上手くなりたい人は誰でも参加してください。

「少年選手」は、短い時間ですが集中してやります。このクラスはキツイですが、全力でやるかやらないかは本人次第です。

そしてこの日最後の「一般」クラス。このクラスは盛り上がりました。人数も多くみんなで楽しく出来ました。土曜日の一般クラスは毎回本当に盛り上がっています。



基礎稽古の大切さ

2019/02/15(金) 23:59
本日の16時~「幼年・少年初級」では、型を中心に行いました。早い子は、年中頃から覚えられるようになります。型大会も年中クラスの階級がありますので我こそはと思う子は出場してみて下さい。

17:15~「少年」は、基本稽古、移動稽古を中心に行いました。決められた動作を決められた位置に手足を動かす事は空手もスポーツも同じです。基本的な動作が出来てこそ、型や組手という応用に活かすことが出来ます。型だけ、組手だけとやっていると動きにブレや正確性が出ません。何事も基本が大切という事です。

19:45~「強化選手」は、日曜日に大会出場する人は軽めの調整、そうでない人はしっかりと息上げを行いました。組手が強くなるにも基本が大切です。例えば、動けるスタミナ、腕力、脚力、打たれ負けないボディ、バランス、突き方蹴り方は最低限の必要要素です。動きだけを練習しても通用しません。基礎稽古というものがどれだけ大切かをわかって欲しいと思います。



次へ>>
rss

ブログテーマ

ブログ

<< 2019年2月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28