ブログ

子どもへ

2018/04/23(月) 23:54
期待しすぎると、

子どもは疲れてしまう



規則で縛りつけると、

子どもは抜け道を探す



何でも言うことを聞いていると、

子どもは自己中心的になる



失敗ばかりさせていると、

物事を途中で投げ出す子になる



約束を破ってばかりいると、

子どもはやる気をなくす



否定されてばかりされていると、

子どもはどうしていいかわからなくなってしまう



子どもの気持ちを大事にすれば、

子どもは思いやりのある子に育つ



信じてあげれば、

子どもは本当のことを話してくれる



親が自分に正直に生きていれば、

子どもも自分に素直になれる



子どもに任せれば、

子どもは責任感を持つようになる



親が自立していれば、

子どもも自立の芽を伸ばす



健康な生活を送っていれば、

子どもは体を大切にする



支えてあげれば、

子どもは明るい子に育つ



違いを認める家庭であれば、

子どもは生き生きする



あたたかい目で見守ってあげれば、

子どもはやさしい子に育つ





大人のエゴや押し付けで、子どもは世界は狭まってしまいます。どこかで本人が大人の間違えに気づいてくれれば良いのですが、環境によっては分別がつかなくなってしまいます。違う大人が気づかせてあげる事が必要です。











 
rss

ブログ最新記事

ブログテーマ

アーカイブ

ブログ

<< 2018年4月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30