指導員ブログ

次へ>>

慣れ

2021/04/16(金) 23:35
4月も半ばに入り、学校や会社での新しい環境に慣れてきたでしょうか?

新しい環境は期待もあり、不安もあります。

私が一番怖いと思っているのは「慣れ」です。

怖い事だけではなく、効率の良さや自信に繋がります。

しかし、慣れてくると驕りやだらけが顔を出します。また、自分が偉く感じたり、出来ると勘違いしてしまい、努力を怠ったり、成長を止めてしまいます。

いつも初心を忘れず、新鮮な気持ちを持ち、階段を昇り続けなければいけません。

いつもみんなと一緒になって動かないと、人はついて来ません。





 

心技一体

2021/04/16(金) 00:00
道場生の子どもの多くは組手(相手と戦うこと)があまり好きではありません。

ミットを打ったり、相手に攻撃をするのは好きだけど、攻撃をもらうが好きではない様です。

誰でも攻撃をするだけなら楽しく出来るし、攻撃をもらうのは嫌ですね。

そんな子も、組手稽古をしていくうちに段々と前向きな組手になってきました。

少し我慢が出来る様になった。悔しい気持ちが芽生えてきた。諦めない気持ちが出てきた。

それが大きな「自信」になります。

空手ですので多少の痛みや怪我をする事もはあります。

強さには二つあります。

「体の強さ」と「心の強さ」です。

これはどちらか一つだけ強くするのはなかなか難しいものです。

体と心の強さは一体です。

腕立て伏せをするにも、筋力の強さがあってもやりたくないと気持ちが思ったら出来ません。

気持ちが強くても、筋力が足りなければ沢山の数は出来ません。

僧侶が修行をする為に、滝行や護摩行や断食などは痛さ、熱さ、空腹という体の我慢により精神が鍛えられます。

何事からも逃げず、少しづつチャレンジしてけば、知らない間に心も体も強くなっていきます。

筋力が足りなくても出来ることだけど、気持ちが先に諦めてしまうものもあります。

「もう少し、あともう少し」と心の中で思ってください。

いつか必ず出来る様になります。





 

火曜日

2021/04/13(火) 23:59
本日は久し振りの室内「瞬発力・ま反応トレーニング」。



良き場所で

2021/04/12(月) 23:59
昨日の日曜日の特別稽古の疲れも見せず、今日も元気に道場に来てくれました。

元気であるとともに、空手が道場が好きでいてくれてありがとう。

皆さんにとって「居場所」であってくれると良いなと思います。

道場というのはただ単に空手を教える所ではなく、仲間との人間関係やコミュニケーション、ルールやマナー、自ら考えて行動する力、他人への優しさや思いやり、掃除など社会での活かせるであろうことが学べる所です。

社会では自分勝手に行動できる事もなく、自分一人で生きていける程わがままではいれません。

他人から多くの事が学べます。

私も道場生のみんなから多くの事を学びます。

仲間がいるからこそ人生は楽しいものです。



行動こそ称賛に値する

2021/04/11(日) 23:01
日曜日は特別稽古を行いました。

参加してくれた皆さん、休日にも関わらず稽古に参加してくれてありがとうございました。

また、いつも子ども達の送り迎えをしてくださる保護者皆さんにも感謝いたします。

午前は組手ミット稽古を行いました。

平日の稽古ではなかなか補えきれないミット稽古や組手を行い、一人一人アドバイスを行いました。

みんなと一緒に同じ稽古をしながら「何で休みの日にこんなキツい事をするんだろう?」と思い、自分にムチを入れてやらなければ自分がダメになる気がして仕方がありません。

午前の稽古が終わり、一旦お昼休みを挟んで型稽古を行いました。

型稽古が始まる頃には体が重く感じました。

楽をしてしまう事がダメだと分かっているので、ゆっくりしていられない性分みたいです。

また、一緒に稽古をした道場生も終わった後は何だか活き活きしてました。

体力的なダメージよりも、精神的な充実感の方が上回るからこそ良い表情をするのでしょう。

空手という武道は、結果だけにこだわるものだとは思っていません。

今日一日頑張った、弱い自分に負けなかったと思える事が大事です。

出来る出来ない、強い弱いは形だけであり、行動した事が賞賛に値します。



次へ>>
rss

ブログテーマ

アーカイブ

指導員ブログ

<< 2021年4月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30