ブログ

次へ>>

自分はまだまだ

2019/08/22(木) 23:59
3日間の道場お休みがあり、4日ぶりに道場生と稽古をしました。ほんの数日間ですが、みんなの顔を見れた事が嬉しかったです。帰って来る場所があるからまた頑張れます。

今日のトレーニングは下半身を中心に行ってきました。全日本型大会に向けて下半身は一番重要です。組手も型も、下半身がしっかりと安定していなければ体がブレてしまいますし、突きや受けなど上半身の動きに力が伝わりません。

一つ大事なことを分かって欲しいのは、組手と型は同じだという事。これを分けて考えてしまうと見せる動きになってしまいます。組手と型が同じ動きをしていなければ稽古の意味がありません。

「空手の命は組手にあり。組手の命は基本にあり。」

と言われる通り、極真空手は基本が大切です。

基本稽古→移動稽古→型→組手と繋がっています。

これを体で理解するのは時間がかかるもので大変です。しかし、毎日の反復稽古を考えながら、自分の体と対話しながら、悩みながら行なって意識をしていれば必ず出来るようになります。

大切なことは道場の稽古で人の動きを見て、良くも悪くも考えて稽古をすることです。

上達に向かうには「観察力」と「反復練習」です。

人はある程度実力がつくと自分が出来ていると思い込み、向上心が無くなっていくものです。これは私も同じです。

だからこそ毎日のその瞬間の稽古では手を抜かず、常に考えながら全力で行うことを意識します。

質も大事。量はもっと大事。

強化稽古

2019/08/21(水) 14:20
8/18~21まで道場は休みとさせて頂いています。

18日(日)は坂本派本部道場で強化稽古に参加しました。

午前は組手、ミット、筋トレなど毎度身体が悲鳴を上げる稽古です。

午後は型の稽古を行ない、9/22の全日本大会に向けての内容となりました。

午前の稽古に7名、午後は8名の金町道場生が参加しました。

組手稽古では下半身、上半身の筋トレサーキット(各種30秒間×4種目を3セット)、騎馬立ち(2種)各30秒×3セットをウォーミングとして行いました。床には汗の水たまりが出来るほど。

次に、私たち大人はビックミット1分×10セット→スパーリング1時間→ガンダム3分×3セット。

子ども達は背筋を大人のミットが終わるまでやり、その後は近くの公園で下半身強化を行なっていたようです。

最後はみんなで中段シャトル(ミット)を3セット。

この日は暑かったせいか、ミット稽古は少ない方でした。

しかし、どんな稽古も手を抜かず自分の為にと行えばきついものです。そして、終わった後にはやった者にしか分からない達成感を得ることが出来ます。

これをみて「やりたくない」と思うのはみな同じだとおもいますが、終わってみるとまた行こうと思う気持ちになるのは不思議なことです。

この後、午後から型の稽古に参加しましたが、私は途中でつったことのない太ももをつってしまい、30分程動けませんでした。それから道場の2階に上がり、稽古が終わるまで本部の事務仕事を手伝っていました。

稽古は誰かにやらされてやるものではなく、自らの意志で行わなければ力にはなりません。

この日の稽古でも、ただみんなと楽しくやることが目的で、全力で行なわず休み休みやっている人もいました。

勉強もスポーツも、自分の意思でやることで力になります。

そこに導くのが親であり指導者です。

やらせるのではなく、本人に動いてもらう。



 

土曜日の稽古

2019/08/17(土) 23:52
今日は身に危険が迫る暑さでしたが、湿度が低く、風が爽やかでしたのでそんなに暑さを感じませんでした。

ですが、道場では水分補給はマメに行なっています。特に子どもは体調が悪くてもなかなけ言い出せなかったり、我慢をしてしまうので少し表情が変わったら声をかけるようにしています。

本日の「一般」クラスは人数も多く有意義な稽古が出来ました。基本、移動稽古は体の使い方と力の出し方を得る為に軽めに行いました。型稽古は一人づつみんなの前で披露して、一人一人に細かいアドバイスを送りました。少ない人数でも人前で一人で行うのは緊張するものです。約束組手の受け返しはカウンターの取り方を練習しました。相手の動きを目で見て判断することができたら、相手の心を読み取り感覚で動けるように気を研ぎ澄ませて稽古をしたください。

人間と接する時も、人の心と会話をし、目に見えないものを相手から感じ取って付き合えると良いですね。

「型」クラスは全日本大会に向けて一人一人に細かくアドバイスをしました。それを常に頭に入れて修正していけばどんどん上達していきます。この稽古では質を重視していますのでまた、あとはどれだけ自分で量をこなしていくかが大事です。



明日から四日間は夏季休館となりますので、子ども達はまず宿題を捗らせ、時間を見つけて筋トレ、自主トレを行ってください。道場に来て指導してもらうことも大切です。人が見ていない所で自主的に努力をすることも大切です。

どちらかに偏ってしまってはいけません。



 

終戦記念日

2019/08/15(木) 22:47
本日、8月15日は終戦記念日です。

原爆が落とされた広島には過去に二度訪れたことがあります。一度目は高校生の修学旅行で、二度目はおよそ10年前に病気で2ヶ月入院した後に訪れました。

失礼極まりなかったのですが、一度目は被爆者の体験談をまともに聞いておらず本当に失礼なことをしてしまい、その事をずっと引きずっていて、入院したことで色々と考える時間があり二度目となりました。

私は戦争を経験していません。皆さんの多くは同じでしょう。だからこそ今の子ども達には目を背けて欲しくありません。私達も含め、子ども達にも暴力やむやみに人に危害を加えることはいけないのだということを知って欲しいと思います。

私達が行なっているフルコンタクト空手は暴力や野蛮だといった話も時々聞かれますが、ルールを守り、やってはいけない事を覚え、自分で痛みを知りそこから優しさや思いやりを学びます。

それを教えるのが指導者です。

相手に勝つか負けるかはその瞬間の結果ですが、仲間との絆や信頼関係、先に書いた思いやりや優しさは一生身につくものです。

何がその人にとって大事かはやっている人間だからこそわかります。

今の道場生達が将来の日本や世界を担っていくことを本気で願っています。

微力ながら道場として役に立てたら幸いです。

空手道場の目的

2019/08/14(水) 23:59
お盆休み真っ只中ですが、思ったより稽古に来てくれる道場生がいてくれて良かったと思いました。

道場によっては10日間程夏休みという所もありますが、こうして毎日みんなと一緒に空手が出来て嬉しく思います。

今日は女の子が多く来てくれました。一昔前は女の子が空手なんて…という時代もありましたが、一人一人の目的に合った空手を提供することをモットーにしております。

強くなりたい、大会で勝ちたい、型が上手くなりたい、カッコいい、楽しいと色々あると思います。その中で礼儀を提供し、ダメなものはダメと社会教育も行なっています。正直、強ければいい、勝てればいいという道場もあります。試合の時の挨拶もろくにせず、負けたら不貞腐れる選手も審判をしていて見かけます。

時にはいいたくなく言いたく無いことも言わなくてはならない時もあります。毎回、遊んでいた、家でダラダラしていたなどで遅刻をして、その理由を言い訳する子もいます。出来ることならば何も言わない方が労力も使いませんし、自分も相手も嫌な思いをしないで済みます。しかし、この子のことを考えるとここで言ってあげなければ本人は分からずじまいでこの先も歩んで行くだろうし、将来必ず困る時が来ます。

弱い子であればもしかしたら、言うことによって道場を辞めてしまうかもしれません。それでも私は伝えます。その子の為にと。力で教えるのではなく、出来るだけ心で伝えるように語りかけるようにします。時には厳しい言葉をかけることもありますが、どうすればこの子はわかってくれるのかと心に響かせるよう努力をします。

道場生にはいつも言っていることがあります。

楽しむこととふざけることは違う。

調子は良い位にして、乗り過ぎてはダメ。

空手の組手と同じく場の空気を瞬時に読み取り「メリハリ」をつけること。



次へ>>
rss

ブログテーマ

ブログ

<< 2019年8月 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31